見る・遊ぶ 学ぶ・知る

埼玉・杉戸町で図書館宿泊 秋の夜長に「読書をしながら図書館で寝落ち」

本棚の横でくつろぐ参加者

本棚の横でくつろぐ参加者

  •  
  •  

 杉戸町立図書館(杉戸町大字大島)で、恒例の近隣の温泉施設と連携した読書イベント「温泉&宿泊図書館」が行われた。

視聴覚コーナーでくつろぐ男性

 2006(平成18)年3月に開館した同図書館では、10月27日~11月9日の読書週間に合わせ、2017(平成29)年10月から、近隣にある温泉施設「雅楽の湯」(うたのゆ)(杉戸町杉戸)の利用と図書館で本を読みながらくつろぎそのまま宿泊するイベントを行っている。

[広告]

 企画の発案者、館長の小暮雅顕さんは「当館は駅から遠く、予算が少ないことなどから特色を出したいと考え企画した。毎回協賛企業などから飲み物や焼き菓子などの提供がある」と話す。

 19時からオリエンテーションを行い、約15万冊の蔵書がある図書館内で好きな本を選びフリータイム。14人の参加者は毛布や枕、クッションなどを持参し、思い思いのスタイルで本を読みくつろいだ。22時30分からは同温泉施設へバスで移動し、23時50分ごろに同館へ戻り朝まで過ごした。

 「男女別に休むことができる部屋を用意しているが、本が好きな参加者が多いので、本を読み少し休んではまた本を読む方、またそのまま寝落ちしている方などがいる。今回は深夜3時ごろには寝ている方が多かったが、5時には再び起きて本を読んでいる方もいた」と小暮さん。

 参加者からは「たくさんの本に囲まれての夜。ワクワクで過ごした」「時を忘れて読書に集中することができた」「自分の好きなように本が読める幸せ、喜びでいっぱいになった」などの感想が寄せられた。

  • はてなブックマークに追加