食べる 見る・遊ぶ

春日部の猫カフェ「スマイルキャット」5周年 「癒やされ笑顔になる空間に」

現在15匹の猫がいる

現在15匹の猫がいる

  •  
  •  

 春日部の猫カフェ「スマイルキャット」(豊町2、TEL 048‐752‐5151)が10月10日、5周年を迎えた。

くつろぐ猫

 2014(平成26)年に開店した同店は、リフォームや輸入小物販売の「立川インテリア」が運営。同社社長の立川尚美さんは、「以前娘が病気だった時に、自宅で飼っていた猫に癒やされていた。病気のせいで学校に行くことができず、友人にも会えない時もあったが、猫と触れ合うことで笑顔になり乗り越えられた」と話す。

[広告]

 「主婦の方や仕事などで忙しくしている多くの方に笑顔になってほしいと思い、猫カフェを作った。娘と2人で、お客さまに笑顔になって帰っていただきたい。幸せを運んでくれる空間にしたいと思い『スマイルキャット』という店名にした」と振り返る。

 「現在15匹の猫がいる。店で居合わせたお客さま同士が仲良くなることもある。猫がつながりを作ってくれていてうれしい」と立川さん。同店は、2階の猫カフェで過ごした後に、1階のカフェスペースで飲食をするスタイルを取っている。

 サービス内容は、猫カフェ90分間と日替わりケーキとドリンクの「デザートコース」が大人=1,500円、子ども=700円(ケーキではなく菓子)。猫カフェ100分間とランチとドリンクの「ランチコース」が大人=1,900円、子ども=1,100円(土曜・日曜・祝日は90分間)。猫カフェ180分間の「ランチコース」が大人=3,000円、子ども=1,700円。

 来店客から保護猫を持ち込まれることもあると言い、「これまでで95匹の保護猫を預かり、2カ月半まで育てて譲渡した。今も千葉県の海で拾われた子猫がいるが、全ての猫を保護できるわけではなく、周りに助けを求めることもある。病院で検査をし、欲しいというお客さまとお話をさせていただいた上で、検査代のみをいただき譲渡している」と立川さん。

 「お客さまからの『ありがとう』という言葉は私にとってご褒美で、活力となっている。ここは触れ合いの場。毎日の疲れを癒やしに来ていただければ」とほほ笑む。

 営業時間は10時~18時。

  • はてなブックマークに追加