食べる 買う

春日部「道の駅 庄和」で全国駅弁・空弁大会 38種720個完売

特設テント内での駅弁販売

特設テント内での駅弁販売

  •  

 春日部の「道の駅 庄和」(春日部市上柳、TEL 048-718-3011)で11月10日・11日、「第17回 全国有名駅弁大会」が開催された。

多くの弁当が並ぶ

 毎年11月・1月・2月の気温が低い時期に開いている同イベント。昨年11月は2日間で、昼前に600個完売するなどし、回を重ねるごとに来場客が増えているという。今回は函館本線旭川駅「かに二重めし」や九州新幹線鹿児島中央駅「極黒豚めし」など初登場14種を含む全38種が並んだ。

[広告]

 9時の販売開始前に「売り切れる前に買わないと」と、弁当を選び買い物かごの中に6~7種類を入れている来場者も見られ、毎回開始前から列ができる。寒い中並ぶ客のため、温かいドリンクを無料で振る舞っており、今回はサムゲタン風スープを振る舞った。

 山陽本線西明石駅の「ひっぱりだこ飯」は開始早々に売り切れるなど、両日合わせ720個ほどが完売した。

 次回開催は1月19日・20日。本館営業時間は8時~19時。