見る・遊ぶ

春日部「牛島古川公園」のコスモスが見頃 季節外れのヒマワリも

コスモスの中に咲くヒマワリ

コスモスの中に咲くヒマワリ

  • 34

  •  

 春日部の「牛島古川公園 第2期」(春日部市牛島)で現在、コスモスが見頃を迎えている。

見晴らし台から見た一面のコスモス

[広告]

 例年5月上旬にはポピー、8月上旬にはヒマワリ約2万4000本、10月下旬にはコスモス約20万本が咲く同園。花が咲くと多くの人が見物に訪れる。

 今年は8月末から9月初旬に、開花までの時間が短い品種「コスモスセンセーション」の種をまき、19日ごろから見頃となった。また今年は、季節外れのヒマワリが道路沿いや同園中央部分に花を咲かせている。

 同園を管理する市公園緑地課によると「8月中旬から8月末にヒマワリの摘み取りをしたが、その時に落ちた種が暖かさで咲いたようだ。コスモスは現在見頃を迎えているが、まだつぼみの状態の花もあり、冷え込まなければ11月に入っても楽しめると思う」と話す。

 同園は古利根川沿いに位置していることもあり、付近を散歩する人も多い。散歩や通勤で付近を通るという市内在住の男性は「一面ピンク色の中に咲くヒマワリは何かを訴えているよう。夏のヒマワリには元気をもらい、コスモスには癒やされている。たまにここを通るために遠回りして通勤し、優雅な気持ちになっている」と話す。

 見頃が終わる頃には、「コスモスの花を自由に摘み取ってもいい」旨を記した看板を掲出する予定。

ピックアップ

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース