食べる

越谷のイタリアン「ヴィット」が1周年 生まれ育った街に念願の店

オーナーシェフの高橋勝利さん

オーナーシェフの高橋勝利さん

  •  

 越谷のイタリアン 「 Vit( ヴィット) 」 ( 越谷市蒲生西町1、TEL 048-940-2359 ) が、11月7日で1周年を迎えた。

イタリア ピエモンテ州の料理 「 アニョロッティ デル プリン 」

 春日部在住のオーナーシェフ高橋勝利さんは、越谷蒲生南小学校、越谷南中学校卒業で越谷育ち。東京のシステムエンジニアの会社に就職し、10年ほどたったころ東日本大震災が起きた。

[広告]

 宮城県をはじめ震災復興のボランティアに参加。そこで海外から来たボランティアと交流したことで海外の文化に興味を持ち、将来のビジョンが描けなかった仕事を辞め、さまざまな人種が住み、多くの文化が学べるオーストラリアへ。

 パスタ料理が好きだったことと、飲食店の厨房で働いた経験もあることから、シドニーのイタリアンレストランの門をたたいた。事前に日本で調べていた人気店で働くことができたが、 「フライパンが飛んでくるほど」 厳しい店だったという。ワーキングホリデーで9カ月間働き、同僚が開いてくれた送別会で 「おいしいものを気の合う仲間と食べることは幸せ」 と腑(ふ)に落ち、これからも料理に関わることを決意した。

 日本に戻り数店舗で修業した後、自分が育った越谷に念願の店を構えた。開店当時は 「客数の浮き沈みが激しく、仕込みで泊まり込むことも多かった」 と振り返る。1年たった今では地元だからと応援してくれる人や、つながりも増えたという。

 「蒲生には若い経営者が多い。この場所の良さを知ってほしい」 と、地元のイベントに参加することもある。来年からは料理教室を開き、子どもにも手打ちパスタ体験をしてもらうなど、パスタを広め、「越谷をパスタのまちにしたい」と意気込む。

 今月11日には1周年のパーティーを開くほか、30日までの平日ディナーで 「1周年おめでとう 」 と言えば、ワインやソフトドリンクが1杯無料になる。

 営業時間、昼=11時30分~14時(火曜~木曜)・11時30分~14時30分(土曜・日曜・祝)、夜=17時30分~23時(火曜~日曜)。