暮らす・働く 学ぶ・知る

春日部市をPRするフリー紙が念願の1位 日本地域情報コンテンツ大賞で

大賞の発表はオンラインで行われた

大賞の発表はオンラインで行われた

  • 99

  •  

 春日部市の魅力を、漫画「クレヨンしんちゃん」の描き下ろし漫画などでアピールするフリーペーパー「クレヨンしんちゃんのなるほど春日部マガジンvol.2」が「日本地域情報コンテンツ大賞」の「読者投票部門」で1位、「自治体PR部門」で優秀賞を受賞した。

巻頭の「クレヨンしんちゃん」の描き下ろし漫画

 春日部市が2019(平成31)年4月に発刊。移住促進を目的とし、「クレヨンしんちゃん」の描き下ろし漫画をはじめ、市の魅力を紹介する。第2弾を今年4月に発行・市のホームページで公開していた。

[広告]

 昨年は「日本タウン誌・フリーペーパー大賞2019」の「読者投票部門」で、6765票を集め4位となった。今年も、ウェブや動画の部門を新設し「日本地域情報コンテンツ大賞」と改称した同大賞にエントリー。「読者投票部門」の総合では、10月14日の中間発表で、223媒体中2位となっていた。

 市職員は、同大賞の受賞を目指しピーアール活動を行ってきた。受賞を受け、石川良三春日部市長は「読者投票部門において第1位を獲得することができ、大変うれしく思っている。昨年は読者投票部門で第4位と大変悔しい結果だったので、今年はぜひとも1位を取るという強い思いでいた」とコメント。

 「この結果は、誰もが親しみやすく、分かりやすい誌面づくりを心掛けたことで、一般読者の皆さまから支持をいただけたものと考えている。投票や周知活動においても、職員はもちろんのこと、地域の皆さまや市内の各種団体、企業などが一体となった盛り上がりが実を結んだ」などと受賞に対する喜びを明かした。

 「今回の受賞をきっかけに、さらに多くの方々に同誌を読んでいただき、春日部の魅力を感じていただくとともに、ぜひ春日部市に来訪いただけたらうれしい」とも。

 第3弾も制作を予定している。