見る・遊ぶ

東武動物公園に「恋の季節」 クジャクが求愛行動で雌にアピール

求愛行動をとるインドクジャク(右上は雌)(提供=東武動物公園)

求愛行動をとるインドクジャク(右上は雌)(提供=東武動物公園)

  • 35

  •  

 東武動物公園(南埼玉郡宮代町須賀、TEL 0480-93-1200)で現在、繁殖期を迎えたクジャクの求愛行動が見られる。

羽を広げていない時の雄のインドクジャク

 同園はインドクジャクを5羽飼育し、そのうちの3羽はインドクジャクの白変種であるシロクジャク。3月~6月にかけて繁殖期を迎えるため、雄が雌にアピールするために飾り羽を広げ、羽を揺らし「ザーザー」と音を立てる「ディスプレー」という求愛行動をとる。

[広告]

 飾り羽はオスだけにあり、個体差はあるものの1.6メートル~1.8メートルほどの長さ。飾り羽をはじめとした羽は繁殖期を過ぎると少しずつ抜け始め、3月ごろに全て生え変わるという。

 飼育員の須釜勝さんは「羽の数が多ければ多いほど美男子。若い雄は少ないが、成長すると増えていく。雌に羽を広げて見せる場合は求愛だが、雄に向かって見せる場合などは、テリトリーから追い出すことや雌に近付くなということ」と話す。

 「9時~16時ごろまでの暖かい時間帯に羽を広げることが多い。春に見られる鳥の素晴らしさを見ていただければ」とも。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース