3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 見る・遊ぶ 買う

春日部で「うまいものまつり」 フードセレクションやご当地グルメ一堂に

春日部のご当地グルメを楽しむ来場者

春日部のご当地グルメを楽しむ来場者

  • 1

  •  

埼玉県東部地域を中心としたご当地グルメが楽しめる「うまいものまつり」が9月22日・23日、ふれあいキューブ(春日部市南1)で開催された。

春日部市内からの出店は、「かすかべフードセレクション」に認定されている店のうち内の7店舗。春日部産のお茶や、春日部産赤米を使った焼き菓子やビールなど、春日部にちなんだ商品が並んだ。

[広告]

市内の農家による春日部産の野菜市では、小松菜、ジャガイモ、カボチャなどを販売し初日は開場から1時間ほどで完売していた。市外からは、熊谷のかき氷店「雪くま」、吉川の「なまずロール」、行田の「ゼリーフライ」などのご当地グルメが登場。

 天気は曇りだったが、気温が29度まで上昇した初日には、かき氷やソフトクリームを頬張りながら場内を歩く来場者も多かった。

 ステージでは、蓮田市「はすだ広報大使」に認定された「にゃんたぶう」による歌やダンスのステージ、「コバトン」「さいたまっち」などのご当地キャラクターによるステージも。よしもと芸人による「よしもとお笑いライブ」もあり、大西ライオンさんや8.6秒 バズーカーも登場。観覧していた子どもたちが壇上に上がってやり取りを行い、会場の爆笑を誘う一コマもあった。

 2日間で1万1,316人(主催者発表)が来場した。