見る・遊ぶ 学ぶ・知る

春日部・国の特別天然記念物 「牛島のフジ」 開花願い込め「鎮花祭」今年も

多くの関係者が集まる、鎮花祭の様子

多くの関係者が集まる、鎮花祭の様子

  •  
  •  

 春日部のフジやツツジなどがある庭園「藤花園」(春日部市牛島、TEL 048-752-2012)で4月19日、フジの開花を祈願する「鎮花祭」が行われた。

フジの根に神酒を注ぐ石川市長

 同園のフジは樹齢1200年余りといわれ、1928(昭和3)年に文部省より天然記念物に指定、1955(昭和30)年に文化財保護法により改めて国の特別天然記念保存木となった。花色は藤紫で、花房は長いもので2メートルにもなるという。

[広告]

 毎年開園前に行う「鎮花祭」。宮司の押田豊さんが祈念などし、園主の小島喜久雄さんと石川良三市長がフジの根に神酒を注いで、関係者が玉串を奉典した。

 小島さんは、「今年も例年と変わらず状態が良い。フジは5~8分咲きが一番の見頃だが、予想では4月25~5月3日」と話し、「昨年は早咲きで1万4千人ほどの来場だった。海外からは台湾や東南アジアからの来場者が多い」とも。

今年の開園期間は4月20日から5月6日まで。8時~18時。

入園料は、大人=1,000円・子ども=500円(4歳~小学生)。

  • はてなブックマークに追加