見る・遊ぶ

春日部・庄和商工会が庄和高校と初コラボ 南桜井駅イルミネーション制作

制作中の庄和高校美術部

制作中の庄和高校美術部

  • 57

  •  

 春日部の庄和高校美術部と庄和商工会青年部が南桜井駅北口・南口ロータリーのイルミネーションを制作した。

オリジナルのイラスト

 同青年部は庄和地区活性化のため、庄和商工会中心市街地活性化委員会と共に、2002(平成14)年から南桜井駅のイルミネーションを手掛けてきた。

[広告]

 同青年部部長鈴木淳一さんは「地元の高校生や子どもたちに、地元に興味を持ってもらいたい。地元を盛り上げていくために、今回初めて高校生とコラボレーションしてイルミネーションを制作することにした。高校生が積極的にアイデアを出してくれ、面白かった」と話す。

 同校美術部がデザインを担当し、同青年部が制作。イルミネーションは、「高校生が、自分たちがそのイルミネーションの前で写真を撮りたいと思える絵を描いた」というオリジナルイラストのライトアップと、高さ4メートル弱のイルミネーションタワー。イラストは、照明の色により色が変化して見える塗料を使った。タワーは、学生の案に近づけるよう試行錯誤しながら同青年部が制作。

 「コロナ禍のため一緒に作業はできないが、高校生に興味をもってもらえたら。コロナ禍の中でできることや、新しいことをやっているということをアピールできたら、まちの活性化にもつながるのでは」と期待を込める。

 点灯は12月6日~来年1月16日。