見る・遊ぶ

春日部の野口農園に「ティファニーブルー」色の壁のトイレ 「ここだけ異空間」と反響

パウダールーム様子

パウダールーム様子

  • 81

  •  

 野口農園(春日部市立野、TEL 080‐4357‐0096)が2月11日、トイレをリニューアルした。

ナイトバーベキューの様子

 米を主に栽培し、大豆、イチゴ栽培や、夏はブルーベリー農園、ウサギやヤギなどと触れ合える場所など、2016(平成28)年からは観光農園としても運営する同園。代々農業を営み、野口文夫さんは15代目。

[広告]

 昨年8月には納屋にレンタルキッチンをオープンするなど、農業のほかにバーベキューやピザ焼き体験をはじめ、人に喜ばれることを目指し農園を運営している。農園内にトイレはあったが、今回女性用トイレを新設した。

 野口さんは「女性や子どもが入りやすいトイレがあった方が良いと思っていた。トイレのフタは自動開閉し、手で触らずに流すことができ、パウダールームも備えた」と話す。デザインや施工をしたのは市内のせんべい店「栃惣せんべい」(粕壁東)店主の都築孝夫さん。

 都築さんは「姫系のイメージで作れたらと思った。始めは壁の一面をターコイズ色にしようと考えていたが、『ティファニーブルー』という色を見つけ、奇麗だと思った。シンクなどはアンティーク感を意識し、タイルには深海色のものを使った」と話す。

 パウダールームには着替えができるよう姿見鏡を設置し、野口さんが好きな女優オードリー・ヘップバーンのペイントが壁に飾ってある。現在は、授乳用ソファーやベビーベッドを設置するために製作中。野口さんは「本当に女性や子どもに喜んでもらいたい。新しいトイレを使った方からは好評で、『素晴らしい』『農家なのに、周りと比べてここだけ異空間』となどの感想を頂いている」とも。

 現在はイチゴ狩りシーズンで、土日限定。毎日16時から20時までは、1組限定で納屋のレンタルキッチンで「ナイトバーベキュー」も展開。食材は持ち込み。紙コップや紙皿、トング、バーベキューコンロなどを備え、大人1人(中学生以上)=1,500円、小学生以上800円、幼児無料。ビールサーバーの貸し出しも行う。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース