見る・遊ぶ

春日部市内4駅で「藤」にまつわる写真掲出 「街の良さ知るきっかけに」

春日部駅1番線改札付近

春日部駅1番線改札付近

  • 50

  •  

 春日部市の花「藤」の花の見頃に合わせて藤にまつわる写真などが4月17日から、春日部市内の4駅で掲出されている。主催は東武鉄道春日部駅。

撮影スポットとして装飾した場所。東武鉄道春日部駅の谷田貝淳駅長

 春日部駅では3月24日~4月4日まで、市民が運営する「まちなかツナガルプロジェクト」の企画として、市民が撮影した桜の写真82点に同駅職員が桜の花びらなどを貼り装飾したものをポスターボードなどに掲出した。

[広告]

 東武鉄道春日部駅駅長の谷田貝淳さんは「立ち止まって写真を見ている方や、『ポスターではなく、このような飾り方も良い』などの声をいただいた」と振り返る。

 今回は市民が撮影した写真をはじめ、藤の花や藤にちなんだ写真116枚を、春日部駅・北春日部駅・武里駅・一ノ割駅に分けて掲出。駅職員が手分けして、折り紙で藤の花を折るなど装飾を施した。

 谷田貝さんは「『藤まつり』などのイベントが中止となったが、それでもきれいな藤の花は咲く。せっかくなので皆で見ましょうと呼び掛けたかった。自分の街の良さをもっと知っていただき、楽しんでいただければ」と話す。

 「駅巡回時に、立ち止まって見ている方を見掛ける。街を散策するきっかけにともなれば」とも。

 今後も駅構内の掲示板などを使い、市のさまざまな情報を発信しいていく予定だという。

 掲出は5月5日までを予定。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース