食べる 買う

春日部の米菓店「三州製菓」のパスタ菓子、「ウエルシア薬局」で取り扱い開始

ネジネジフライドパスタスナック

ネジネジフライドパスタスナック

  • 149

  •  

 煎餅などの菓子製造会社「三州製菓」(春日部市銚子口、TEL 048-735-1151)の「ネジネジフライドパスタスナック」の取り扱いが9月12日、「ウエルシア薬局」(東京都千代田区)約1000店で始まった。

原型となった「スリーズパスタスナック」

 1950(昭和25)年7月に東京都文京区で米菓製造業として創業し、1970(昭和45)年、春日部市に本社を移転。揚げ煎餅などの商品を販売している。

[広告]

 主力商品の一つがパスタを揚げた「スリーズパスタスナック」(各324円)。生地の素材感を残したままのカリカリ食感が特徴で、トマト味や塩味など7種以上の味がある。本社がある春日部のエス・テラスや東京・北千住にあるフライドパスタスナックの専門店などで販売している。ここ4~5年で人気が出始めたといい、トマト味は、2018(平成30)年からANAの機内サービスで提供が始まった。

 新商品「ネジネジフライドパスタスナック」は、「コロナ禍で巣ごもり需要が増えている今、多くの方に自宅でたのしんでいただけるように、少量で価格を抑え、幅広い年齢層の方に食べていただけるように軽い食感にした商品」と専務の斉之平一隆さん。「気軽に手に取っていただけたら」と呼び掛ける。

 東北や関西をはじめとしたウエルシア約1000店で販売する。「香ばしえび塩味」「旨(うま)味トマト味」の2種類で、希望小売価格は各130円。

 「スリーズパスタスナック」は現在、「JR東日本おみやげグランプリ2020」の埼玉県代表にエントリーしている。「毎年エントリーしているが、今年は今一番力を入れている商品でエントリーした。最初は認知度が低かった商品だったが、今では若いファミリー層をはじめとしたお客さまが、お歳暮やお土産などで大量購入してくれることが増えている。今後もっと知っていただき、『春日部土産といえばこれ』というような人気商品にできたら」と期待を込める。

 投票は9月22日までウェブで受け付ける。
 結果発表は10月中旬予定。