食べる

春日部の美容サロンが駐車場にアウトドアカフェバー ドッグランも併設

代表の植木美樹子さん

代表の植木美樹子さん

  • 95

  •  

 カフェバー「Resort Open cafe BAR 315(リゾートオープンカフェバーサンイチゴ)」(春日部市南4、TEL 048-792-0666)が1月31日、グランドオープンする。

バリをイメージしたアウトドアタイプのカフェバー

 代表の植木美樹子さんが、2014(平成26)年6月にネイルサロンから始めた総合美容サロン「WOMENコロシアム」(南4)が運営する同店。20代の時は、子育てをしていて働くことができなかったという植木さん。「主婦が安い価格できれいになれ、気軽におしゃれを楽しんでもらえたらと、40歳の時に美容サロンを始めた」と振り返る。

[広告]

 サロンを営む中で、働いているほうが明るくなれると感じ、主婦が明るく働ける場所を作りたいと思った植木さん。「やりたいことをやって、家の中を明るく照らす主婦が増えたらうれしい。1人ではできないことをみんなで力を合わせてやれたらと思う」と話す。

 コロナ禍となり、昨年2カ月間店を休業。休業中はZoomなどで会議を重ねた。「地域のために皆でなにかできないか話し合った。料理店で働いていた人など、料理が得意な人がいたため、プロテインシェイクなどの飲み物や弁当のテークアウトを始めた」と言う。

 さらに、安心して食べられる場所があったらいいということから、駐車場にカフェを開くことに。「コロナ禍で、不安から引きこもってしまった従業員もいた。目標を持つことも大切。皆で話し合い、協力してカフェの構想始めた。ゆくゆくは若い世代でアルバイトをしたいという人たちにも楽しみながら働ける場所になればと思っている」と植木さん。

 カフェバーは、約20畳の広さでバリをイメージし、建築資材などはバリから輸入したという。カウンター席、テーブル席、ソファーなど合計18席備える。ドッグランも備え、バーベキュー場所としての貸し出しも行う。

 メニューは「アルカリ性の高い水など水にこだわり、食べ物は無添加で低カロリー、高タンパク質を意識している」という。アルカリ性の高い水を使った「還元ハーブティー」(280円)、「日替わりヘルシーランチBOX」(980円)などや、酒類も糖質の低いものをそろえ、テークアウトにも対応する。

 「私のモットーに、『健康が全てではないが、健康を失うと全てを失う』というものがある。自分が若い時は体に無理をしたこともあるが、若い世代には若い頃から健康に気を付けてもらいたい。犬の散歩などをしている方も見かけるので、散歩がてら気軽に寄っていただいたりして皆さんに喜んでいただければ。春日部の活性化の一助ともなれたら」と期待を込める。

 営業時間は11時~22時(天候により変更、2月7日までは20時まで)。