食べる 暮らす・働く

越谷のかき氷店が冬季限定で焼き芋や冷やし焼き芋販売 宅配も開始

冷やし焼き芋

冷やし焼き芋

  • 19

  •  

 かき氷店「天然氷の小さなかき氷屋さん 和~なごみ~」(越谷市平方、TEL 048-978-5710)が冬季限定で焼き芋の販売を始めた。

冬季は焼き芋店となっている店先

 店主は和賀誠さん。知人のかき氷店の手伝いをし、子どもたちが喜ぶ姿を見たことから、自らもしてみたいと自宅の駐車場にキッチンカーを設置して、2018年(平成30)年7月1日に開いた。

[広告]

 和賀さんは以前から冬は焼き芋の販売をしたいと思っていたという。「かき氷店の同業者でも冬は焼き芋の販売をしているところがある。茨城県や群馬県にある焼き芋店や工場に行き、味や食感を勉強した」と話す。

 茨城県小美玉市の茜農園から取り寄せる、収穫した後に数カ月寝かせて熟成させた「紅はるか」を使い、機械で焼いている。「火加減が難しいが、焼き方を色々試して最近は求める味に近いものができている」と和賀さん。焼き芋だけではなく冷やし焼き芋、ホイル焼きも販売。「焼いた小ぶりの芋を常温で一晩寝かせ、冷蔵庫で冷やしている。スイートポテトのような味で、ねっとりした食感」と和賀さん。

 12月15日からは、手探りで宅配サービスも開始した。「お客さんの身になって考えてみたら、冬の寒い時期、特に夜は来店しづらいだろう思った」ことを発端とし、宅配が盛んな時期でもあるという背景から、焼き芋を届けたら喜んでもらえるのではと考えた。「宅配で届けると、お客さんとの距離が縮まるようでたのしい」と話す。

 「焼き芋」「冷やし焼き芋」「ホイル焼き」(共に100グラム=150円、10グラム=15円)。宅配の場合は100グラム=180円、10グラム=18円。

 「冷やし焼き芋と言うと、お客さんの中には意外そうにする方もいるが、食べると『甘くておいしかった』『スイーツのよう』という言葉をいただいている」と笑顔を見せる。

 営業時間は日曜の13時~18時。日曜以外の午後に営業することもある(営業情報はツイッターで配信する)。宅配はツイッターのダイレクトメッセージで受け付ける。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース